配置されましたよっ! 


何と当選しました(・∋・)!!

おお、ありがとうございますm(_ _)m
ふつつかものですが、ふつかめ(8/12)に出場しますのでよろしくお願いい鉄揚げ!!

※サークルページの閲覧にはcircle.msへの登録が必要です。
【外部リンク】https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/13311512

コミティアで「春さがし」の写真本を出していた方も出場されるそうです。

お隣が鉄橋塗装情報について調べている方のようですので、
時間があればお話を伺ってみたいなぁと思います。

一応こういうのも調べているので・・・!

塗装の話は全くもって知識がないので本には書かない予定ですががががががorz

これから良い意味で忙しくなりそうですヽ(´∋`)ノ
ブログの更新頻度は落ちるかもしれませんが、そこんとこ4649です。

以上、RGBとCMYKの違いからお勉強している管理人からのお知らせでしたーーー!
-----------------------------------------------------------

【コネタ】い鉄には3種類の踏切があるよっ! 


現行の制度では4種類の踏切がありますが、今では第2種(一部の時間帯のみ保安係が遮断機を操作する)がゼロのため、実際に存在しているのは3種類です。いすみ鉄道には3種類ともあります。

【第1種】
自動踏切警報機と自動遮断機を設置するか、踏切保安係を配置して、列車が通る際に道路の交通を遮断機によって遮断するもの。

都会でも良く見られる一般的なスタイルの踏切ですね。写真は西畑〜総元の間にある百鉾踏切です。

【第3種】
遮断機はないが踏切警報機が設置されているもの。

写真は上総中野〜西畑の間にある第一土田踏切です。国道から外れた集落に向かう道の途中にあります。
西大原駅前にある踏切もこのタイプです。
統計資料によるともう1ヶ所第3種があるそうなんですが、どこですかね?
記憶にないので、もっと調べてみないと分かりません(爆)

【第4種】
第1種 - 第3種に該当しないもの。踏切警報機や遮断機は設置されていない。

所謂「とまれみよ」の踏切です。第2五之町踏切がこれに該当します。
写真は上総中野〜西畑の間にある横沢踏切です。左側のシマシマが新しくなっているのは、本来なら通行できないサイズの車が誤進入してキハとぶつかった時に壊れて交換になったからですよね・・・(滝汗)


各鉄道路線の踏切の数は「交通白書」において統計資料として掲載されています。
県立図書館の本棚に千葉県交通白書平成20〜27年度版がありましたので眺めてみました。

平成27年度の資料によると、いすみ鉄道の踏切の数は全部で60。
第1種が47、第3種が3、第4種が10だそうです。

ちなみに小湊鐵道の踏切は全部で100。(ちょうど100なんですか[驚])
第1種が49、第3種はナシ、第4種が51だそうです。
小湊鐵道ってそんなに「とまれみよ」が多いんですね!!

千葉県内の各路線別の数を見てみたところ、第3種踏切が最も多い路線はいすみ鉄道っぽいです。
と、いっても3ヶ所ですから他と大差がないようなもんですがw
(久留里線は第3種が2ヶ所だそうです。)

小湊鐵道は少なくとも平成20年の時点から踏切の数は全く変わっていないようです。

一方で、いすみ鉄道はこの数年の間に若干変わっています。
第3種が1つ減って、第4種が2つ減っています。
合計は変わらずに第1種が増えていますから、第1種へ改良された踏切が3ヶ所あるんですね。

第4種から改良されたのは上総東〜新田野間に2つともあります。
1つは先日ブログでご紹介した生島(おじま)踏切。
もう1つはそこより坂を上がって行ったところにある陣場踏切です。

第3種から改良されたのは大多喜〜城見ヶ丘間の猿稲踏切です。

3つとも当方がいすみ鉄道を訪れるようになってから改良されたと思います。
まともな写真が残っているかは微妙ですが3つとも変わったことは認識できていました。
いつごろ変わったか正確な記憶はないんですけども。。。orz

全く変わっていないように見えて、改良されている所もそれなりにあるんですよ〜
というのが言いたいことだったりするかもです(・∋・)


それはともかくw

マニアックな話にはなりますけど、踏切を研究している人にとっては
いすみ鉄道はうってつけの路線になるのかもしれませんね。一応3種類ありますし。
ネットを検索すると、全線の踏切を調べ歩いて踏破されている方は何人もいらっしゃるようです。
当方もそのうち踏破したいと思います。
(もう行けなくなっている踏切もあるっぽいですが、たまたま施錠される前に足を運んでいました・・・)

今は橋の調査に手を付けているので成果物になるのは先の話になりそうですw

あ、そうだ・・・鉄橋のスタイルについても調べてみたいです(・∋・)
建築分野は全くもって門外漢なのですがw

調べていたら副産物的に出てきたお話でした。今回はここでおしまい。
-----------------------------------------------------------

小さな鉄橋みーつけたっ!(沿線調査その5っぽい) 


4/30(日)春のいすみ鉄道まつりに行った日、国吉に向かう前に途中下車しました。

ここです(・∋・)

上総東駅です。最近ネーミングライツがつきました。

駅を出たら大原方面に歩いて行きました。

線路沿いに道があります。近くの田んぼでは早くもオタマジャクシの姿がありました!

この傾いてるポールって何だろう・・・?

だいぶ年季が入ってるっぽいです。月日が経って傾いてしまったのでしょうか(汗)

どうやら5キロポストのようです。

5って書いてありますからね。

もうすぐ到着です。

動物病院の近くです。

ありました!小さな鉄橋です。

2mあるかないかくらいの鉄橋です。列車に乗っている時は見ていないと気づかないかも。
やっぱり名前は分かりませんでしたorz
この鉄橋の近くには根方踏切があります。根方はこの辺のかつての地名らしいです。
そうなると、もしかしたら「根方橋梁」なのかもしれませんが。。。?

明日はダメ元で千葉の図書館に行ってみようと思います「(・∋・)
(地元の図書館には角川の地名辞典の千葉県バージョンがなかったぽいのですorz)

今回はここまで。
-----------------------------------------------------------

初めて目にした景色。(沿線調査その4っぽい)  


先月沿線に出かけて写真を撮っていたのですが、記事にしそびれて気が付けば1ヶ月(爆)
万木城跡公園に立ち寄った後に見てきました。

いすみ鉄道新田野〜国吉駅間にかかっている鉄橋、「第1夷隅川橋梁」です。


初めてここに見に来ました。

1枚撮ったあと、列車はいつ来るかなぁと確認しようとしたら来ましたΣ(・∋・)!

エイヤッと何とか撮れました。

ダイヤの事前確認は大切ですねw

今まで何十回も渡っている鉄橋ですが、ここからこんな風に見たのは初めてでした。

橋には文字は見えませんでした。今後塗り直されると見えるようになるのかなぁ・・・?

鉄橋よりも手前には「堰」が見えます。結構高さがありますね。

川の水の流れる音も大きかったです。何故ここに堰が作られているのか気になりました。
また調べてみたいと思います(・∋・)

「いすみ鉄道ファン」ブログの写真でなら見たことはありましたが、
実際に自分の目で見てみると違いますね。
また1つ、いすみ鉄道の沿線風景を知ることができました。

近くにこんな看板がありました。

そういえば、国吉小学校って統合して今年度から夷隅小学校になったんですよね。
118年の歴史に幕を閉じたとのことです・・・。
いすみ市内で「国吉」の名前が残るのは中学校と駅だけになるのでしょうかね。

◆いすみ市立国吉小学校公式HP
【外部リンク】https://ns.chiba-a.jp/kuniyoshi-e/

次回はこの他の夷隅川橋梁にスポットを当てたいと思います。

今回はここまでです(・∋・)b

-----------------------------------------------------------

道路を渡る鉄橋(沿線調査その3っぽい) 


いすみ鉄道の鉄橋の中で1本だけ道路を渡る鉄橋が大多喜駅の近くにあります(・ω・)
大多喜駅を出たら左の道を歩いて行き、「大多喜駅入口」交差点を左に曲がって少し歩いた場所です。

けた下3.8mの高さ制限があります。この道路は千葉県道172号大多喜里見線です。
大きな車は川の向こう側の国道297号線(大多喜街道)を走っています。

赤い鉄橋が見えました(・∋・)

↑塗装してからだいぶ年月が経っているようです。

鉄橋の名前は書かれていませんでしたが、刻印のようなものはかろうじて見えました。


撮ったものを拡大すると・・・

昭和四年?日本橋梁株式會社??鐵道省?!

wikiによると、「鉄道省(てつどうしょう、旧字体: 鐵道省)は、戦前の日本で、鉄道や運輸行政を管轄した国家行政機関の一つ。1920年(大正9年)5月15日に設置され、1943年(昭和18年)11月1日に運輸通信省に改組された。」とのこと。間違いなくこの鉄橋が戦前からここにあったという証ですね。上総中川駅の近くの鉄橋で見た刻印らしいものも、恐らく同じようなことが記されていたのでしょうね!

反対側の「けた下3.8m」看板の文字がなんだか手書き風のように見えました。

この微妙にゆるい感じの書体です。本当に手書きだったのかも。
今までこんな風に鉄橋をまじまじと見たことがなかったので、初めて気づきました。
完全に錆びて読めなくなってしまったら、反対側のように綺麗な文字に変わってしまうんでしょうね。

名前は相変わらず分からないものの、こんな感じで小さな発見はありました。
もし鉄橋の名前をご存知の方は是非コメント下さい鉄揚げ!w


今回はここまでです。次回以降は第○夷隅川橋梁とか小さい鉄橋とか調べていきます。
あとは図書館(ジャパリパークもといイスミパークなら何かあるかな?w)
おしまい。
-----------------------------------------------------------

地図にあまり載っていない川と堰の名は。 


橋の名前が分からないなら、せめて川の名前を調べようということで調べていて1本の川の名前を知りました。
「初音川」です。※豊田市にある「初音川ビオトープ」とは勿論別物の川です。
小さい川だからなのか、地図にも名前があまり載っていない場合が多いです。
いすみ鉄道の線路は上総中川〜国吉間でこの川を渡っています。
鉄橋から下流300m足らずで夷隅川と合流します。

いすみ市の防災マップで川の名前を確認することができました。

川のある場所は行川(なめがわ)という地区で、かつては初音という字(あざ)があったそうです。今は字が廃止され、しかも人家もほとんどない場所となっているため極僅かな痕跡が残るのみだそうです。初音川の名前は字の名残と思われます。

国道からはかろうじて鉄橋が見える程度。草木が生い茂っているのでほとんど川面が見えません・・・。先日上総東駅近くの鉄橋が「比華橋梁」と判明し、それがかつて字だったようです。いすみ市内の他の鉄橋でも字から名前が付けられた橋はあります。と、いうことは上総中川〜国吉間にある鉄橋の名前は「初音橋梁」なのでは?と考えられます。ただ、公式な文書や情報での確認が取れていない為、あくまでも仮説です。実際に橋を見に行っても名前が書いていなかったため、とりあえずここまで調査ができたというところで一旦ストップのような感じです。あとは図書館に調べにいくか、訊くかしかありません。訊く人はいるにはいるんですが、もう少ししてから聞こうと思っています。今物凄く忙しそうですからね。GWを過ぎるまでは自力で粘るつもりです。

続いて、新田野駅の近くにある短い名前の分からない鉄橋について。
川の名前は短すぎるからなのか、どこにも載っていませんでした。
ただ、この川は新田野駅近くにある溜池、「堰」から流れてきているものだと分かりました。

これです。調べてみると、こちらは「前堰」だそうです。
一般的な地図にはほとんど名前が載っていませんが、唯一マップルの地図にだけは書かれていました。
なるほど(・∋・)

鉄橋の話からはかなり逸れますが、いすみ鉄道沿線にはこうした「堰」の溜池がたくさんあります。
いすみ市の資料では、いすみ市内には溜池が222ヶ所あって千葉県で最多だそうです。
地図で俯瞰してみると池の多さに驚かされます。

堰は山の中にあるため、いすみ鉄道の列車から溜池を見ることはでき・・・・・るんですねこれが。
1つだけ列車から(というか列車からのみ)見える溜池があります。西大原〜上総東の里山のあいだを抜ける場所です。

ムーミン谷の住民達が池のほとりで釣りしている場所です。
※この溜池は房総のムーミン谷に住む妖精専用ですので人間のお客様は立ち入り禁止です!

長年に渡り全国の溜池を調べていらっしゃる方のサイト情報によると「七曲堰」だそうです。
■ご参考までに【外部リンク】http://f.hatena.ne.jp/cippillo/20160128232253

この溜池のところにも小さな鉄橋があると気づきました。
小さくて地図にも載っていないくらいなので名前は・・・(滝汗)
もし名前がついているとしたら堰の名前から取って「七曲橋梁」なのでしょうか???
というか、ここに鉄橋があるとハッキリ認識したのも先日なものでorz

いすみ鉄道の鉄橋は短い物も含めて全部で23本あるようです。

不明だった鉄橋で現地調査で名前がわかったのは3本。
現地調査で名前が確認できたのは2本ほど。
まだわからないのは1本の長めの鉄橋と道路を渡る1本の鉄橋と短い7本です。

短いと現地に行ってもわからないでしょうから、そろそろ図書館に行こうと思います。

次回は唯一の跨道鉄橋の話かもしれません。今回はここまで(・∋・)w
-----------------------------------------------------------

あの日渡った橋の名前を僕達はまだ知らない(謎) 


なんかアニメ「あの花」っぽい記事タイトルですねw
実際のところは「あの花」ではなく「この花」なんですけどね(意味深)

昨日(3/11)沿線調査をしてきました。

沿線を歩いて調査するには若干ハードルが高めな上総中野〜総元区間。
あとは残りの時間で上総東周辺でした。


沿線調査その2というか関連的な話っぽいよっ(・∋・)  


※前回のお話→「沿線調査その1っぽいよっ(・∋・)」 http://soychicken.jugem.jp/?eid=1575

2冊目を作るべく調査を始めた当方ですが、元々知っている+塗り替えが行われた鉄橋以外は名前を見つけるのが難しいかもしれないという事態に直面しましたorz小さい橋だと何も書いてないんですよね。書いてあっても古いと多分読めません。だから、塗装工事を行なった時に橋の名前をペイントしてもらってるんでしょうね・・・。

じゃあせめて、その鉄橋が何の川を渡っているのかくらい知りたいよねというステップです。
とりあえず、国土地理院の地図を眺めてみました。

いすみ鉄道は名前の通りなのか、夷隅川に沿うような形で線路が東西方面にカーブを描きながら延びています。
なのですが、割と衝撃的な事実が見えてきたりします。

(1)いすみ鉄道が大原を出発してから最初に渡る川と見えている川は夷隅川ではない!!
当方はこれ、一応前から知ってました(・∋・)
夷隅川に沿って線路がのびているから、大原の辺りに河口があって・・・というイメージが湧きがちなのかもしれませんけれども、大原の辺りに河口があるのは別の川なんです。

へいどうぞ(・∋・)ノ


塩田川と新田川という名前が見えます。新田川は塩田川に合流します。
塩田川は二級河川で、いすみ市の南部に源流があるそうで、海まで至ります。
当方は細かいことは分からないのですが、この塩田川は夷隅川とは水系が別物なんだそうです。
千葉県の資料を見ると「塩田川水系」とありますので。

■管内河川現況-夷隅土木事務所
【外部リンク】https://www.pref.chiba.lg.jp/cs-isumi/siryo/kasen/k-genkyo.html

ここは比較的長さのある2本の鉄橋がありますが、どちらもストレートに川の名前が付いている訳ではありませんでした。大原に近い側の鉄橋が汐入川橋梁・西大原に近い側の鉄橋が御室橋梁だそうです。(前回記事の画像参照)塩田川をアレンジしたっぽい汐入川の名前はともかくとして、新田川を渡っているのに御室と名前が付いているのは不思議に感じました。ただ、あの鉄橋のある辺りは「いすみ市深堀字御室」のようなのです。地図では出て来ませんでしたが・・・土地の競売情報で御室の字名が付いていて、大原駅から北西1.7kmの場所を記されていましたので、鉄橋がある辺りの近所でほぼ間違いないと思います。だからなんですね。消えてしまうかもしれない字名を橋の名前として残したのだと思われます。

ちなみに西大原駅から上総東方面に歩いていくと4つの小さな鉄橋があります。南佃踏切の近くです。

鉄橋も短くて名前も分かりそうもありませんし、川も農業用水路のような小川なので名前がはっきりとはわからないです。ただ、この小川が流れていく先は新田川で間違いありません。新田川の上流端の左岸が「いすみ市新田字仲川地先」とあって(字の先がマジでわかりませんorz)地図を眺めてみるとどう見ても例のムーミンの池っぽいので、新田川で合ってるんでしょう。。。

話が飛びましたが、それじゃあ夷隅川の河口ってどこにあるのというと、JR外房線長者町駅の近くです。夷隅川の最下流は外房線の電車が長者町〜太東で渡っています。いすみ鉄道の上総中野〜大多喜〜国吉辺りまでは夷隅川と並走と交差を繰り返しているんですが、国吉を過ぎたあたりで夷隅川は北に進路をとって流れていくようになります。「じゃあの」と言わんばかりにw

また、新田野・上総東辺りの川は夷隅川へ合流していく支流のようです。
なので、上総東〜西大原の間の山々を境に夷隅川水系と塩田川水系が分かれているということになりますね。
なるほどーーー(・∋・)!
って書いている本人がまだよく理解しきってないのですががががが(爆)

(2)これ一体何?
鉄橋とは関係ないんですが、地図を眺めていて物凄く気になってしまいました。
川がカーブというか、丸く円を描いているっぽいんです。

何かミステリーサークルみたいですね。Google地図で見ても山の緑が見えるだけでした。
一体全体、どうしてこんな風になったんでしょう?

(3)第8夷隅川橋梁・・・だけど・・・?!w
総元駅のそばにある鉄橋は「第8夷隅川橋梁」です。公式社長ブログでそう書いてありますから確定です。
それじゃあ渡っているのは夷隅川かと思いきや。

・・・西畑川ッスね!w総元の辺り(第7夷隅川橋梁のちょっと上流)で合流して夷隅川になるので夷隅川水系であることに違いはないってことで、夷隅川橋梁として採番されたんでしょうね。第7は夷隅川と合流後ですから、まぎれもなく夷隅川です。

なお、更に西畑よりにある鉄橋は平沢川橋梁だそうです。(鉄道写真趣味の方々のブログ等で記載が見られます。)西畑川に合流する直前の平沢川を渡っているんですね。

ため池の話に入る前に時間がきましたので、ここら辺で今回は終了でっす。

こんな細かい地図を見るのは学生時代以来ですけど、地理は好きな科目でしたし地図をみるのも好きなので眺めていると結構楽しいです。川についての知識をもう少しつけると更に沿線で面白いことが解ってくるかもしれないとワクワクします。仕事じゃないと調べて勉強するのって楽しいですね!(だめじゃんwwwww)

次回は名前の見つけにくい川とため池の話になるっぽいです。おしまい。
-----------------------------------------------------------

沿線調査その1っぽいよっ(・∋・) 


沿線遊びに行った翌日寝込んでた管理人ですどうもこんにちは(滝汗)
自分ではそんなに寒くないと思ってたんですが油断しましたねorz今日も養生してます(代休です)

前回記事で書いてた「橋の数を数えてた」というのは本を作るための調査なんです。いすみ鉄道に鉄橋が何本あるのか?今まで何回も乗っているのに、そういえば全然数えたことありませんでした(汗)

主要なものは知っていますが、他にも細かいものが何本かあります。行く前に当たりをつけておこうとWEB地図を見てみました。Gのつく地図はあらかたカバーしているんですが、割とアバウトなんだなぁと分かりました。

今回調べていて感心したのはマピオンの「キョリ測」の地図。この地図、なんと2mあるかないかの鉄橋であっても表記されているっぽいんです。Gのつく地図では書かれていなかった場所にも記載がありました。ムーミン谷の住人達がいる池の手前の場所にあります。


マピオンって凸版印刷の子会社なんですよね。流石はメイドインジャパンの会社さんですね。GJ。

上の地図に乗ってる鉄橋、確かに見られましたよー。

西大原〜上総東の駅間にはこのくらいのサイズのかわいらしい鉄橋が4本あります。

今まで全然気が付かなかったんですが、動物病院の裏手にもあるんです。

2/11はジャズ列車に乗る前に3つの駅に途中下車して歩き回りました。

1つ目が上総中川。ここから500〜600mのところ(大野交差点の手前)に鉄橋があります。
国道のそばですが、木が生い茂っていてメインロード側からはほとんど見えません。

割と長い鉄橋なんですよね。
鉄橋に刻印っぽいものがありましたが、カメラでズームしても何て書いてあるかわからず。。。

分かったのは一番下の行には「建設省」と書いてあったのかなぁ?程度です。
だいぶ年季が入っています。師匠の日記によれば、「過去の修繕記録を見る限り、国鉄から転換されて以降、一部を除き鉄橋の塗装修繕を行った記録がありません。」とありました。(ソース→http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=235)ここも少なくとも30年くらいは塗り直されていないのかもしれません。最近は重要な個所から順次補修を行なっています。こちらももしかすると近いうちに塗装が入る・・・のかな?再塗装が入れば名前が記載されると思いますから、他に手立てがない場合は最終的にそこで分かることになるのでしょう。。。

2つ目が新田野。前から知ってた小さな鉄橋です。

駅からすぐそばです。橋の近くには菜の花が既に咲いていました。撮りようによっては絵になる場所だと思います。両側から見てみましたが、やっぱ何も書いてないですね。ここから上総東方面へ向かって歩いて行けばあと2つの普通サイズの鉄橋に出会えますが、今回は時間の関係でパスしました。

3つ目が西大原。大原方面に歩いていくと青緑色っぽい鉄橋があります。

大原に一番近い鉄橋と同様、塗り直してあった感じだったのでこれは何か書いてあるかなと思ったら、見えました!

汐入川鉄橋を塗り直した翌年ですね。冬のうちに見に来て良かったです。春になったら葉っぱが芽吹いて目隠しされそうでしたのでw(反対側にも書いてあったので多分何とかなったでしょうけども)

そのまま大原駅まで歩いていきました。前に見に行った汐入川鉄橋の表示も少し年季が出始めてきた頃合いです。

2013年に見に行った時はまだかなり綺麗でしたが、この辺りは海に近くて潮風の影響を受けるのと、台風やら大雨やらで雨風にさらされているので致し方ないんだと思います。

今回の釣果(つりですかw)はこんな感じでした。新しく補修されている橋でないと名前は書かれていないっぽいので、別の調査も考える必要があるなぁと。

せめて鉄橋が何の川を渡っているのかくらいは把握しておきたいというのが次のステップ。

国土地理院の地図とか、河川を調べている方のHPとかの情報を拾ってきています。
・川の名前を調べる地図【外部リンク】http://river.longseller.org/
→国土地理院の情報を元にまとめたとのことですが、スゴイ情報量(驚)地元埼玉のも後で眺めてみます。

川を調べているうちに、そういえば沿線って「ため池」多いよなぁと思ってサーフィンしたら発見。

・いすみの野池群(千葉県)【外部リンク】http://bunbun.hatenablog.com/entry/2013/04/10/000000
→水辺に魅せられて全国の湖沼を来訪している方のサイトだそうです。豊富な情報量に圧倒されました。いすみ市だけで200以上のため池があって、千葉県内でも最多だとか(驚)

いすみ鉄道の鉄橋を調べているうちに河川とため池の情報が頭の中に入ってきそうです。
これってもう、鉄道の研究じゃなくて地理の領域ですねw
学生時代は地理の科目が結構好きでしたし、地図を眺めるのも好きです。
ちょうどいいかもしれませんw

ため池とか川とかの話は次回にします。

ちなみにこれ、2冊目として作るための調査ですので念のため。。。(・∋・)
(1冊目の構想何とかしなくてええんかいwww)

それでは皆様どうぞ楽しい営業日を(ぉぃ)

※国際展示場夏祭りの申込は完了しました。確認はしましたが、記載不備で落ちませんように(爆)
-----------------------------------------------------------

とりあえず、サークルカットできました(・∋・) 


何故記事タイトルが5・7・5になったのか困惑している管理人soychickenですどうもこんばんは(爆)

国際展示場夏祭り…もといC92参加申込に当たって必要となる画像を作りました。
サークルカットなるものです。

作りましたとか書いてますけど、まだかげも形もありましぇん\(^∋^)/
今まで単体で扱った本は少なくとも自分の目で見たことはありません。
ぐぐっても出てこないので、もしかすると当方が初なのかもしれません。

元にした画像はこちらです。

昨年夏にいすみ206に乗った時に撮ったものです。たしか城見ヶ丘〜上総中川です。
写真だけだと分かんないですけど、これ後部展望です。
最後部だと陣取られる率が低いので、こんな感じで撮れるんです。

一番前に立つのは、最近いすみ鉄道でさえも勇気が要るようになってしまいました。
以前はいすみ鉄道だけは例外だったものの・・・有難いことにお客さんが増えてきましたので。
ちびっ子さんにも需要が多いポジションですので、最近はなるべく立たないようにしています。
当方はまだ何回でも来られますから(・ω・)

前方に乗る時は一番前の席にちょこんと座って眺めるのが気楽だなぁといった感じです。

Googleの地図と今までに録りためたものを元に、調査を始めようと考えています。
というか、それだけでは絶対に足りないので現地での調査もしていきます。
乗っているだけでは分からないことだったりします。

訊けば一発で分かる相手がいますが、個人的に最初からそれはナイと思っていますので
本当にわかんないものだけお尋ねすることにします。いうなれば君の名は。。。?案件です(謎)

それではまた。おやすみなさい鉄揚げ!
-----------------------------------------------------------

| 1/2PAGES | >>

検索しよう!そうしよう♪

管理人専用ですよ

広告ですよw


い鉄のWEBショップもコレです!(たぶん)
****************************
【PR】い鉄揚げ.comとかどうよ?!
(ドメイン取るなら「お名前.com」)
****************************

(非課金でスイマセンw)
****************************

****************************

い鉄子の部屋へようこそ

【更新がない時は?(´∋`)】
こちらもどうぞご参照下さいw

■本店(exciteブログ)
「伝説の城見ヶ丘(・∋・)」
⇒管理人soychickenの本店ブログです。
http://chabonline.exblog.jp/
■WeLoveIsumirail(tumblr)
⇒当方のフリーダムなミニブログです。
http://mapp-isumirail.tumblr.com/

あとはtwitterもどうぞ!
■個人用:@soychicken
■い鉄応援用botらしきもの@app_isumirail

★掲示板あります。
「いすみ鉄道大好き♪」
http://welove-isumirail.bbs.fc2.com/

※「あげポタ」ブロガーとして当ブログが認定されました!関連する記事のリンクが「地域レポート」欄に掲載されるっぽいです。是非そちらもご覧下さい鉄揚げお〜♪

埼玉県上尾市農商工観ポータルサイト
「あげポタ」http://agepota.jp/

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

カテゴリー

あーかいぶ

selected entries

最近のコメント

リンク集

お乗換えのご案内

■前面展望ならパシナ倶楽部♪
パシナ倶楽部
■上総いすみちゃんが大活躍!
いすみ鉄道漫画ステーション

■いすみ鉄道沿線関連!
☆大多喜町観光協会
☆養老渓谷観光協会
☆いすみ市観光協会
☆勝浦市観光協会
☆御宿町観光協会

■房総ムーミン谷の仲間達♪
『おおたき 葵の会』
⇒二十八市でおなじみの大多喜の女将さん会のブログです。
『養老渓谷ふる里を守る会』
⇒養老渓谷の魅力を伝えるブログです。
『清恵おかみ日記』
⇒養老渓谷の和食処「清恵」さんのブログです。
『ムーミン列車が伊八のまちを走る。』
⇒国吉の衣料店「ファッションセンターよしだ」のブログです。
『栗原大輔のゆるやかナビゲーション』
⇒国吉観光駅長をされていた精密画家栗原さんのブログです。
御宿「大野荘」
⇒伊勢えび&あわびが専門の宿です。

■ブログ仲間線
『潮騒と潮風-房総環状鉄道』
⇒basa様のブログです。


■旧線
『【旧線】い鉄子の部屋へようこそ』(goo)

い鉄子のプロフィール

第2広告掲示板ですよw

銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん>甘醤油 5枚

 
 
 

読み取ってアクセス!

qrcode

管理人soychickenの呟き

TweetsWind





超おすすめ!

いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略
いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略 (JUGEMレビュー »)
師匠の本です。日記と併せてお楽しみ下さい鉄揚げ♪

RSSとかはこちら。

JUGEMブログでございます。

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR